ボルシチ以外のロシア・ウクライナの話

ロシアに1年留学し、なぜか今はウクライナで生活をする24才です。ロシア・ウクライナについてを中心に情報発信していきます。

留学の難敵ビザ、でも大丈夫!~ロシア留学に向けて④ビザを取得しよう編~

ハーゲンダッツよりスーパーカップの方が美味しいと思う派。

みなさんこんにちはだにーです。

安いし量多いって最強。

 


今回はいよいよビザの申請手続について書いていきます。

ついにビザの申請に必要な招待状(Приглашение)がついに手元にきた僕。(前回ブログ参照)

 

www.russia-ukraine-life.com

 

 

いよいよビザの申請のための書類を集めていきます。

 


①必要書類

在日ロシア大使館のホームページを見てみると、ビザの申請に必要な書類は

  • パスポートの原本(出国期限+6ヶ月分の有効期限が残っていること)
  • 電子査証申請書(サイトのフォームを記入、印刷して持参)
  • 写真1枚(パスポートサイズ、4.3cm×3.5cm)
  • 招待状の原本

留学用のビザを申請するのに必要なのは以上の書類。観光ビザが必要な方は招待状の代わりにバウチャーというものが必要になります。このバウチャーの取得方法もまたブログでお話しできればと思います。

ところでこの申請で与えられるビザは3ヶ月のシングルビザになります。ロシア到着1ヶ月後ほどでマルチビザへの切り替えの手続きを大学ですることになります。この手続には約1ヶ月かかるのですが、その間パスポートは手元から離れることになります。ここで問題になるのが

ロシアにはパスポートの携帯義務がある。

ということです。パスポートを持ち歩いていない時に警察に声をかけられてしまうと罰金を支払うことになりますので気をつけてください。パスポートを渡す際に大学からパスポートを渡した証明書のようなものを渡されますが、ペラッペラの紙切れ一枚なのですっごく心もとないです。そこでお勧めしたいのがノタリウスで公的コピーを取ってもらうことです。

ノタリウスとは公証人のことであり、ロシアの街中にたくさんノタリウスのオフィスがあります。ここで公的に翻訳された書類のコピーは原本と同様の効力を持ちます。日本の運転免許をノタリウスで翻訳コピーしてもらえば国際免許証がなくても運転できます。

ノタリウスのお話しもまた詳しく書こうと思いますが、パスポート翻訳で確か1300ルーブルほどだったので非常にお勧めです。


②申請

上記の書類を集めたらロシア大使館(東京)または総領事館(札幌,

函館,大阪,新潟)に持っていき申請します。

ここで東京の大使館に持っていく方に気をつけていただきたいのですが、最近制度が変わり事前予約が必須になりました。そしてこの予約がめっちゃ取りにくいと評判です。早め早めに予約されることをお勧めします。

ちなみにロシアビザセンターというものが東京にありまして、そっちでもビザ申請ができますが、手数料が4500円かかります。

総領事館に行く場合は事前予約は必要ないのですが、各公館の営業時間、申請時間を確認されることを強くお勧めします、僕は間違えて休館日に申請に行き交通費往復3000円を無駄にしました。

費用ですが、**受け取りが6~10営業日後であれば無料、**4~5営業日後であれば4000円、3営業日以内であれば10,000円がかかります。ロシアビザセンターに頼むのであればこれに手数料の4500円が上乗せされることになりますね。


③受け取り

さて書類に不備がなければ申請が受理され、特に急がないのであれば2週間後にビザの受け取りになります。受け取り時に絶対にビザに記載されいる名前、有効期限、パスポート番号を確認してください。ここでミスがあり、それがロシアに到着してから発覚した場合強制送還になります。

さてビザに不備がないことがわかれば留学準備も大詰めです。残されたのは一番重要な問題、住居です。次回は留学前の住居探しについて書こうと思います!

 

ではでは〜

 

ロシアから書類をどうやって取り寄せる?~ロシア留学に向けて③招待状の原本を受け取ろう編~

最近ニンニクにはまってます。

 

みなさんこんにちはだにーです。

 

美味しいねん、口臭気になるけど。

 


 

さて、このロシア留学に向けてシリーズ、前回の記事では大学への問い合わせと留学申し込みフォームを送る流れについてお話ししました。

記事はこちらから↓

 

www.russia-ukraine-life.com

 

今回は招待状の受け取りについてお話ししたいと思います。

 

 


前回記事の通り応募フォームの送信してから約2ヶ月後、以下の通り大学から一通のメールが。正直こんなにちゃんと作業をしてくれるとは全く想像していなかったのでここまでスムーズにきすぎてびっくりしている自分がいます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sou0502ws/20191106/20191106012131.jpg

要約すると

  • 招待状ができたからそのスキャンデータを送信するね。
  • 何かしらの国際輸送サービスを使って招待状を送らないといけないけど、大学側はお金を払わない(≒何もしない)ので自分で DHLやFedEXなどのサービスの申し込みをしてくれ。

...それってどうやればええんや。

とりあえず DHLのサイトを見てみると"輸入サービス"なるものが:

"海外での集荷から通関業務、国内の配達まで、 DHLが一貫輸送。"

うーん、便利!そのサービスが

DHL EXPRESS WORLDWIDE IMPORT

 

です。

ロシアからの書類0.5kg以下の輸入は12,480円、これにプラスでロシアでの集荷のオプション料金がかかることになります、安くはないですね...

FedExも料金にさほど違いはなし。まあはるばるロシアから取り寄せるわけですからしょうがないですよね。

ちなみに僕はどのサービスを使ったかというと

自分でサンクトペテルブルクに取りに行きました。

というのも、その当時サッカーワールドカップロシア大会が行われており、僕は試合観戦と観光のため、大学を2週間サボってペテルブルクを訪れていたのです。ちょうどタイミングがよかったので "大学まで取りにいくで〜"と返事をすると、

 

「もちろんいいけど、お前まじで?」

との返事が。実際大学のインターナショナルオフィスに招待状を取りにいったときに係りのお姉さんに「招待状を手渡しすることは過去をみてもほとんどない、お前はクレイジーだ」と言われました、そりゃびっくりするよね。

 

まあ仮に実際に自分で取りに行けなかったとしたら、ホームページがわかりやすいDHLを利用していたと思います。FedExは会員登録しないと見積すら取れないみたいやし。

 

ただ一つ愚痴るとすれば大学があまりにも何もしないぞスタンスを貫くのですごく不安でした、正直。周りに輸入サービス使ったことある人なんていなかったし。この時は斡旋業者に頼めばよかったなあと後悔しましたが、まあ何事も経験ですよね。次こういったことがあれば輸入サービス使ってみようと思います。

 

こうして無事に招待状の原本をゲットしたら、次は招待状とその他の必要書類を持ってロシア大使館に持っていきビザの申請です。次回はこのビザ申請について書いていこうと思います。

 

ではでは〜

留学申請のためには何をする?~ロシア留学に向けて②受入先大学に連絡をとろう編~

僕、花粉症かもしれない。

 

 

みなさんこんにちはだにーです。

 

さて、前回のブログでは大学選びの方法についてお話しました。

 

www.russia-ukraine-life.com

 

 

今回は実際にロシアの大学への留学の応募のプロセスについてお話したいと思います。

 

※あくまでも僕はゲルツェン大学に行くためにこういった手順を踏んだという話なので大学によって差があるかもしれませんが基本的なことは変わらないと思います、ご了承の上ご覧ください。

 

①大学へのメール

さて、留学先をゲルツェン大学に決めたはいいもののその後どのような手続きをすればいいのか全くわからなかった僕。

とりあえず大学のHPを見てみると、責任者のメアドが書いてあったので、こっちに送った方が早いんじゃないかと拙いロシア語で留学したい旨のメールを送りました。ちなみに英語で送っても全然大丈夫です、最後の方は面倒臭くなって英語でやりとりしました。

こんな感じで書けば多分そのコースの詳細を送ってくれると思います。もちろんこのままじゃなくなてもニュアンスが伝わればOK:

 

                   Декану факультета русского языка как игостранного:◯◯(宛名の与格系)

                                                     От студента ◯◯,в Японии(大学名の生格系):◯◯(名前)

                                                             

                                                             Заявление

Прошу Вас Отправить подробность о ваших уроках для иностранцев со сроком с сентября 2018 года по июнь 2019 года, так как я заинтересован(-на) вашей программой и хотел(-ла) бы в ней учавстововать.

Моя основная инцормация прилагается.

                                                                                                                  02.04.2018(日.月.年)

                                                                                                                 ◯◯(名前)

最後の文(Моя основая~) と日付の間に基本的な個人情報である

  • 名前
  • 生年月日
  • 大学名

くらいを書くか、Wordでそれらを書いて添付しておけば完璧です。


②大学側からの返信を受け取る

するとその日のうちに以下のような返信が。以外にも仕事が早い。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sou0502ws/20191106/20191106003945.png

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sou0502ws/20191106/20191106004117.png

要約すると

  • 授業は2018年9月3日から2019年6月28日までの10ヶ月。
  • 費用は一年で302,400ルーブル(約50万円)。しかし変更の可能性あり。

  ※実際に費用少し変わりました。3万ルーブルほど値上がりし、334,000ルーブルになりました。

  • 大学に到着するときに以下のものが必要

①パスポート全ページのコピー1部

②パスポートの顔写真のページのコピー4部

③ビザのコピー3枚

④滞在登録書のコピー2枚

⑤日本での教育の証明書(ロシア語に翻訳されたもの、要アポスティーユ印)

※実際にはこれは必要ありませんでした。

⑥健康証明書(英語またはロシア語に翻訳されたもの、もしなければロシアの病院で検査を受けることになる。

  • 登録のために添付した応募フォームとパスポートのコピーを送ってくれ。

とのこと。特に難しい書類は必要なさそう。もしかしたらアポスティーユ印のついた教育証明書を求められるかもしれませんが、これは代行でやってくれる業者がありますのでそこにお願いすれば問題ないと思います。


③応募フォームの記入、送信

添付された応募フォームはこんな感じ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sou0502ws/20191106/20191106005453.png

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sou0502ws/20191106/20191106005506.png

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sou0502ws/20191106/20191106005526.png

このフォームに記入し大学に送ると向こうが招待状(Приглашение)を作ってくれます。

フォームを送る際のメールのテンプレはシンプルイズベストということで、こんな感じでいかがでしょうか:

    

     Декану факультета русского языка как игостранного:◯◯(宛名の与格系)

              От студента ◯◯,в Японии(大学名の生格系):◯◯(名前)

       

                 Заявление

Прошу Вас проверить заполные анкеты и скан папорта. Документы прилагаются.

                              02.04.2018(日.月.年)

                              ◯◯(名前)

僕の場合はだいたい2ヶ月くらいで作ってくれましたが、ここでトラブる人、結構多いみたいです。理由は至極簡単で

向こうがこっちのことを忘れるんです。ロシアではこれしょっちゅう起こります。

ですのでメンヘラのごとく定期的に進捗状況を確認するメールを送ることを強くお勧めします。


 

さて、招待状の準備が完成すると大学側からその旨連絡がきます。招待状を受け取って日本にあるロシア大使館、あるいは総領事館にビザの申請をしに行くんですが、ビザの申請には当然招待状の原本が必要です。正直これがとっても面倒くさいんですよね。

 

ということで次回はロシアにある招待状の原本をいかにして日本に送付するかのお話をしたいと思います。

nan

 

ではでは

プライバシーポリシー

当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて

 

当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

marketingplatform.google.com

留学したいけど、どこの大学に留学できるの?〜ロシア留学に向けて①大学の探し方編〜

ウクライナもついに春の陽気になってまいりました。

皆さんどうもこんにちは、だにーです。

 

今回からはちゃんとした記事を書いていこうと思います。今回からはこのブログを立ち上げあた経緯でもある、”ロシア留学について”連載形式で書いていこうかと思います。過去の留学の経験から、自分で手続きをしていく際に有益だと思える情報について、自分の経験を振り返る形で紹介していきたいと思います。

 

記念すべき第1回目の今回は、留学先となる大学を選びの方法について書いていきます。

 

大学生でロシア語を勉強していて、かつ自分の大学とロシアの大学に提携プログラムがある場合はいいのですが、1から自分で申し込みをするとなると星の数ほどある大学を選ぶところから始まります。しかもロシアはご存知の通りめっちゃくちゃ広いです、都市を選ぶところから一苦労ですよね。

でも大丈夫、ロシアでの留学先探しは大きく分けて以下の2つの方法があります。それぞれ見ていくことにしましょう。

 

注:この記事は新型コロナウイルスによるパンデミック前の情報を基に執筆しています。現在の状況は大きく異なる場合がありますので、ご自身でもよくご確認ください。

 

 

  ①斡旋業者を使う

有名なところではJICでしょうか。

メリットとしてはなんといってもその安心感。業者の方はその道のプロなわけですから、ビザの手配から住居探しまで本当に全て丁寧にサポートしてくれます。僕がペテルブルクに留学していた時に知り合いが1人、JICを使ってサンクトペテルブルク国立大学に留学していました。その時の彼の住居を見せてもらったことがあるんですがめっちゃくちゃ綺麗で広かったです。ホテルみたいでしたマジで。

業者はやっぱり一番安全で確実な方法だと言えますし、留学先はその適当さであまりにも有名なロシア。安心安全は金で買えとはよく言ったものです。少しでも不安があるならば業者をお勧めします。

デメリットとしてはやはりその高額な費用が挙げられます。自分で全て手続きをやった私が1年間で学業及び住居に支払った総額とJICのサイトに掲載されているサンクトペテルブルク国立大学への留学プランの料金表を見比べると、JICの方が約1.5倍ほど高いです。学んでいた大学が違うので一概には言えないですが、住居費を含めると一年で50万円ほど差が出てるのは見逃せないかと...

ちなみにですが先ほどJICプログラムでの留学生のお家がめっちゃ綺麗だと言いましたが、なぜ綺麗かというと家賃が高いからなんです。その後輩は市内中心部ではなく、結構離れたところに住んでいました。(プロスヴェータといえば分かる人は分かるはず。) にも関わらず、ペテルブルク中心地のど真ん中に住んでいた僕と家賃は同じかなんならもうちょい高いくらいでした。ここは個人の考え方次第ですが、僕はそれなら多少家の質は落ちてもせっかくなので交通の利便性が高く色々なところにいきやすいい中心地に住みたいかなあと。別に僕の家も悪くなかったしね。

また選べる大学が少ないのもデメリットでしょう。JICではプログラムのある大学はわずかに4つです。

 

②Study in Russiaなどのサイトを使う

僕はこちらを選びました。このサイトはロシア教育省が運営しているサイトになります。

このサイトではどんな大学やプログラムがあるかを検索、さらには応募までできてしまいます。1ヶ月ほどの短期集中語学コースからなんと4年間かけて学士号をとる、すなわち正規留学の応募までできてしまうのですごいですよね...。ちなみにこちらのサイトではロシア語のみを勉強するというコース以外にも、ロシア語を使って何か専門領域を勉強するコースを選択することもできます。なんならそっちの方が多いかも。

さらにスカラーシップ枠が用意されている大学がかなりあります。これには試験を受ける必要があったりと少し複雑であり、無料で留学すらからにはそれなりのロシア語能力が求められていると考えていてください。しかもライバルは当然日本人だけではありませんのでハードルはかなり高いです。それでも挑戦する価値はかなりあると思います。

デメリットとしてはHPは英語かロシア語しかないというところと、サイトが絶望的に見ずらいといったところが挙げられるでしょうか。

そして当然ですがこのページから全て自分で申し込みをすることになりますので全て自己責任で申請することになります。でも安心してください、皆さんが自分の力でロシア留学に行けるようにこのブログを書いています。

さて僕の場合はどうしたかというと、サンクトペテルブルクで勉強したかったので Study In Russiaでペテルブルクの大学を調べてみると

の3校が留学生の受け入れを割と活発に行っていることを知りました。

この中でどれがいいだろうと悩み、ペテルブルク在住の友人に相談したところ

"ゲルツェンは学費も安くてキャンパスの立地も最高だしいいと思うよ"

とのこと。

サイトを見たところ悪くなさそうだし、確かに学費も安い。(1年で50万円くらい。日本の国公立大学と変わらないです。)連絡先も書いてあったのでゲルツェン教育大学に応募したい旨のメールを送ることにしました。

 

さて、というわけで僕はゲルツェン教育大学を第一希望にして留学準備を進めて行くことを決めました。となると次は大学にコンタクト取らなければなりません。というわけで次回のブログでは大学へのコンタクト・申し込みのお話をしたいと思います!よろしければ読んでやってください!!

 

ではでは

 

 

はじめましてのご挨拶と自己紹介~ウクライナに住む24才~

みなさんはじめまして!だにーと申します。

 

今回ひょんな思いつきからはてなブログを開設してみました。この記事では簡単に自己紹介をしてみようかなと思います。

 

僕は日本の大学を休学し現在ウクライナの首都、キエフで生活をしている23歳です。

 

大学ではロシア語を専攻しており、大学3年生の頃にロシアのサンクトペテルブルクという都市にある、ゲルツェン国立教育大学に私費留学していました。

 

サンクトペテルブルクの血の上の救世主教会

 

この留学はエージェントなどを一切通さずに1から全て自分で手続きをしたのですが、手続きを進めていく中でロシア留学の情報があまりに少なく正直とても苦労しました。ですのでこれからロシアに留学される方で、"自分で手続きを全てやってみたい!"というチャレンジ精神旺盛な方のために僕の経験をシェアできればなあと思いブログを開設することにしたわけです。現在の新型コロナ禍の中で手続き方法などに変更があるかもしれないので、ご自身での情報収集も必ず行ってくださいね!!

 

さてここで、なぜ僕がロシア語を学び始めたのかについても少しお話しようかなと思います。

 

僕のロシアとの出会いは高校生の時でした。高校二年生の冬、”日露青年交流センターがロシア派遣プログラムを主催するので派遣生徒を探している、なぜかうちの高校にその枠が3つ与えられた"と当時の担任から教えてもらいました。それまでロシアのことなど全く知らなかったのですが、 "タダで外国行けるなんてラッキーやん!"という軽い気持ちで応募したらなぜか合格し、晴れてロシア行きが決まったのです。

 

ですがその後少し冷静になりGoogleでロシアについて調べてみると、まさにおそロシアな情報がいっぱい。男性はみんな筋肉むきむき、治安があまりよろしくないなどなど、正直ロシアに行くまでは迂闊に応募したことを後悔したこともありました。

 

しかし百聞は一見に如かず、実際にロシアに行ってみるとそんな思いは消えて無くなりました。モスクワの空港に着き飛行機から降りた時の日本とはどこか違う乾燥した風、冷たい匂い、綺麗なお姉さん。今でも、あの時の冷たい風を頬で感じた時のなぜか心がグッとなった感覚と、空港の職員の金髪のお姉さんのやる気なさそうに仕事している様になぜか心を掴まれたあの感覚は忘れることができません。

 

また、このプログラムはサンクトペテルブルクで行われるものだったので国内線に乗り継ぎ、夜のフライトでペテルブルクへと向かいました。着陸が近づき高度を下げ始めた飛行機から見える、暖かいオレンジ色の街灯に照らされたペテルブルクの街並みが目に映り、本当になぜかわからないのですが少し懐かしい気持ちになりました。きっと僕の前世はロシア人かロシアで生活していた犬なんだと思います。そして無事にサンクトペテルブルクへと到着した後、夜のライトアップされたネフスキープロスペクトを初めて歩いた時に"こんなに美しい街があるのか”と感動し一瞬で鳥肌がブワーッとでたのを今でも鮮明に覚えています。初めてヨーロッパの街並みを目にしたということもあり、間違いなく今まで見た景色の中でTOP3には入る感動でした。

 

ネフスキープロスペクト。綺麗。

 

そしてロシア語の勉強を始めたきっかけとしてもう一つ大きかったのがこのプログラムの最大の目的である現地のロシア人との交流。彼らは日本語を勉強している学生達だったので日本語と英語で会話をしていましたが、一生懸命にコミニュケーションを取ろうと頑張ってくれる友達をみて、"この人たちとロシア語で会話して見たい!”と強く思いロシア語を勉強することに決めました。滞在期間はわずか1週間ほどでしたが今でもこの時の経験は忘れることができません。

 

そして大学はロシア語を勉強できるところを探して入学し、留学、休学を経て現在に至ります。実は一番最初に書いた通り僕は今ウクライナキエフというところで生活をしています。どうしてウクライナに辿りついたかについては、また別記事でゆっくりお話できればと思います。

↑僕が生活するキエフにあるソフィア大聖堂

 


さて、ロシア、ウクライナ以外のことについてもお話しようと思います。

 

僕の趣味は海外旅行でこれまでに20カ国以上を旅してきました。僕には大好きな言葉がありまして、それはチベットの僧侶、ダライ・ラマさんの

 

"Once a year go somewhere you've never been before."(1年に1度は新しい場所に身を投じなさい。)

 

というものです。新しい場所には新しい発見が必ずある。そう信じてこの教えをモットーにしています。1年に1回以上のペースでどっか行ってるので常に金欠ですが、この経験は本当にプライスレスだと思います。

 

また、小学生の頃から高校生までサッカーをしておりサッカー観戦やフットサルも大好きです。ちなみに推しのチームは清水エスパルスゼニト・サンクトペテルブルクです。

 

またおいしい食事とおいしいお酒が大好きです。特にビールが大好きで色々なビールをたくさん飲んできました。個人的なベストビールはチェコのパブで飲んだクラフトビールです。マジで美味しいしさらに安い。将来はチェコに住みたくなりました。ちなみにワーストワンは二日酔いの朝に飲んだ前日に開けたまま放置されていた金麦です、一口飲んで捨てました。なんで飲もうと思ったのかは今でも謎です。

 

 


簡単ですが自己紹介はこんなもんでしょうか。ブログって難しいなあ。

 

次の記事からはちゃんとした内容のものをバンバン上げていこうと思います、お楽しみに〜!!