ボルシチ以外のロシア・ウクライナの話

ロシアに1年留学し、なぜか今はウクライナで生活をする24才です。ロシア・ウクライナについてを中心に情報発信していきます。

はじめましてのご挨拶と自己紹介~ウクライナに住む24才~

みなさんはじめまして!だにーと申します。

 

今回ひょんな思いつきからはてなブログを開設してみました。この記事では簡単に自己紹介をしてみようかなと思います。

 

僕は日本の大学を休学し現在ウクライナの首都、キエフで生活をしている23歳です。

 

大学ではロシア語を専攻しており、大学3年生の頃にロシアのサンクトペテルブルクという都市にある、ゲルツェン国立教育大学に私費留学していました。

 

サンクトペテルブルクの血の上の救世主教会

 

この留学はエージェントなどを一切通さずに1から全て自分で手続きをしたのですが、手続きを進めていく中でロシア留学の情報があまりに少なく正直とても苦労しました。ですのでこれからロシアに留学される方で、"自分で手続きを全てやってみたい!"というチャレンジ精神旺盛な方のために僕の経験をシェアできればなあと思いブログを開設することにしたわけです。現在の新型コロナ禍の中で手続き方法などに変更があるかもしれないので、ご自身での情報収集も必ず行ってくださいね!!

 

さてここで、なぜ僕がロシア語を学び始めたのかについても少しお話しようかなと思います。

 

僕のロシアとの出会いは高校生の時でした。高校二年生の冬、”日露青年交流センターがロシア派遣プログラムを主催するので派遣生徒を探している、なぜかうちの高校にその枠が3つ与えられた"と当時の担任から教えてもらいました。それまでロシアのことなど全く知らなかったのですが、 "タダで外国行けるなんてラッキーやん!"という軽い気持ちで応募したらなぜか合格し、晴れてロシア行きが決まったのです。

 

ですがその後少し冷静になりGoogleでロシアについて調べてみると、まさにおそロシアな情報がいっぱい。男性はみんな筋肉むきむき、治安があまりよろしくないなどなど、正直ロシアに行くまでは迂闊に応募したことを後悔したこともありました。

 

しかし百聞は一見に如かず、実際にロシアに行ってみるとそんな思いは消えて無くなりました。モスクワの空港に着き飛行機から降りた時の日本とはどこか違う乾燥した風、冷たい匂い、綺麗なお姉さん。今でも、あの時の冷たい風を頬で感じた時のなぜか心がグッとなった感覚と、空港の職員の金髪のお姉さんのやる気なさそうに仕事している様になぜか心を掴まれたあの感覚は忘れることができません。

 

また、このプログラムはサンクトペテルブルクで行われるものだったので国内線に乗り継ぎ、夜のフライトでペテルブルクへと向かいました。着陸が近づき高度を下げ始めた飛行機から見える、暖かいオレンジ色の街灯に照らされたペテルブルクの街並みが目に映り、本当になぜかわからないのですが少し懐かしい気持ちになりました。きっと僕の前世はロシア人かロシアで生活していた犬なんだと思います。そして無事にサンクトペテルブルクへと到着した後、夜のライトアップされたネフスキープロスペクトを初めて歩いた時に"こんなに美しい街があるのか”と感動し一瞬で鳥肌がブワーッとでたのを今でも鮮明に覚えています。初めてヨーロッパの街並みを目にしたということもあり、間違いなく今まで見た景色の中でTOP3には入る感動でした。

 

ネフスキープロスペクト。綺麗。

 

そしてロシア語の勉強を始めたきっかけとしてもう一つ大きかったのがこのプログラムの最大の目的である現地のロシア人との交流。彼らは日本語を勉強している学生達だったので日本語と英語で会話をしていましたが、一生懸命にコミニュケーションを取ろうと頑張ってくれる友達をみて、"この人たちとロシア語で会話して見たい!”と強く思いロシア語を勉強することに決めました。滞在期間はわずか1週間ほどでしたが今でもこの時の経験は忘れることができません。

 

そして大学はロシア語を勉強できるところを探して入学し、留学、休学を経て現在に至ります。実は一番最初に書いた通り僕は今ウクライナキエフというところで生活をしています。どうしてウクライナに辿りついたかについては、また別記事でゆっくりお話できればと思います。

↑僕が生活するキエフにあるソフィア大聖堂

 


さて、ロシア、ウクライナ以外のことについてもお話しようと思います。

 

僕の趣味は海外旅行でこれまでに20カ国以上を旅してきました。僕には大好きな言葉がありまして、それはチベットの僧侶、ダライ・ラマさんの

 

"Once a year go somewhere you've never been before."(1年に1度は新しい場所に身を投じなさい。)

 

というものです。新しい場所には新しい発見が必ずある。そう信じてこの教えをモットーにしています。1年に1回以上のペースでどっか行ってるので常に金欠ですが、この経験は本当にプライスレスだと思います。

 

また、小学生の頃から高校生までサッカーをしておりサッカー観戦やフットサルも大好きです。ちなみに推しのチームは清水エスパルスゼニト・サンクトペテルブルクです。

 

またおいしい食事とおいしいお酒が大好きです。特にビールが大好きで色々なビールをたくさん飲んできました。個人的なベストビールはチェコのパブで飲んだクラフトビールです。マジで美味しいしさらに安い。将来はチェコに住みたくなりました。ちなみにワーストワンは二日酔いの朝に飲んだ前日に開けたまま放置されていた金麦です、一口飲んで捨てました。なんで飲もうと思ったのかは今でも謎です。

 

 


簡単ですが自己紹介はこんなもんでしょうか。ブログって難しいなあ。

 

次の記事からはちゃんとした内容のものをバンバン上げていこうと思います、お楽しみに〜!!